質問:ストレスチェックは受けなければならないのか?

「ストレスチェック」が行われる主な目的は、メンタルヘルス不調の未然防止をするためです。
労働者数50人以上の企業に、ストレスチェックを行うことを義務付けました。

労働者には、すでにメンタルヘルス不調になっている人への配慮などを考えて、
ストレスチェックを受けることを義務にはしていません。

【産業医より】

この問いについては「受ける側」と「受けさせる側」、
つまり労働者側と会社側とに分けて考えて見たいと思います。

ストレスチェックを健康診断の機会に併せて実施しようと考えられている会社も多いのではないかと思います。
その場合、労働者すなわちストレスチェックを「受ける側」から見れば、
単に「健康診断の時に問診項目が増えただけ」であるように見えるかもしれません。

初年度は、それらの回答が判定され、健康診断とは切り離された「独立した結果」として返ってくることに驚かれる方も結構いらっしゃるのではないかと想像します。また、結果の如何によっては「医師による面談」が勧められることもありますので、ちょっとした混乱を来すことは避けることができないのではないかとも思います。

このような制度が始まる時、どれほどシッカリと説明を受けていても、
一度は受けてみなければ、なかなか実感が湧いてこない…というのが「受ける側」の偽らざる本音であると思うからです。